« ハマリキュー人民庭園 | トップページ | 東京国際ブックフェアに関するとても主観的なレポート »

2004.04.24

アムステルダム一週間

4月16日から22日までアムステルダムに行ってました。オランダはアムステルダムばかり今回が3度目。この街は、わりと清潔だし、「華美に走らず実に就く著く」(どこかの高校の校歌にこんなのあったな)感じがする一方、コントロールされた夜の顔もあったりして(実際はどうだか知らんが)、清濁が混在するところが面白いと感じます。

IMG_1241.jpg

そういうオランダ人気質の現れでしょうか。写真は王宮の目の前に臨時に設置されている(と言っても大抵設置されている)観覧車。王宮といっても戴冠式のような限られた公式行事だけに使われるらしいものの、こういうのもありなのかと、来るたびに感心します。王宮前には露店とか、ほかに3つほど絶叫系の乗り物がありました。

IMG_1242.jpg

ところで、アムステルダムに到着したその日、持参したPowerBook(買って2か月しか経ってない)が「故障」しました。写真は、その故障したPowerBookの症状を見てくれている親切なアップルセンター(アムステルダム中央駅前)のスタッフの人たち。実は、この前に現地のコールセンターに電話したら「あなたはオランダ国内の顧客ではないので、電話サポートは受けられません」と言われ、アップルのサポートは実はワールドワイドではないんだなあということを10年目にして初めて知った次第です。もし、誤解ならそうであって欲しいので、誰か教えてください。

ちなみに、オランダのコールセンターはオランダ語だけで自動応答メッセージが流れます(当たり前か)。人間の担当者にたどり着くまでがひと苦労でした。

IMG_1256.jpg

最後は、有名な「アンネ・フランクの家」、というか「隠れ家」前。ここは以前来たことがあったので観るつもりはなかったのですが、たまたま現地で見つけたCanal Walks of Amsterdamという散歩ガイドに従って歩いていたら前を通ったので、入場待ちをしてる人びとの列を写真に撮りました。写真を撮りつつ、ふと、前に来たときは、ここは確か部分的に改装中で、入り口がベニヤの壁で仕切られていたのを思い出しました。ずい分キレイになったものです。写真で見えるガラス張りの1階部分も改装後の姿。2階より上は当時のままです。

|

« ハマリキュー人民庭園 | トップページ | 東京国際ブックフェアに関するとても主観的なレポート »

コメント

はじめまして。『華美に走らず実に』で検索してここにたどり着きました。
この言葉は、埼玉県立川越高校の校歌の一部です。2番の真ん中に『華美にはしらず実に著き』という歌詞があります。
http://www.kawagoe-h.spec.ed.jp/zen/kouka/kouka.htm
ここで実際の校歌が聴けます。

投稿: めがたか | 2005.02.15 15:41

ご丁寧にどうも。実は、わたくしも同窓です(と言っても、卒業年次はどうやらひと回り以上離れていますが)。あの歌詞は「実に著く」だったということに今ごろ気付きました。「就実」って言葉があるから、「就く」かと思ってた。

投稿: kk | 2005.02.21 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/487551

この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム一週間:

« ハマリキュー人民庭園 | トップページ | 東京国際ブックフェアに関するとても主観的なレポート »