« 畑の疑問 | トップページ | 委任状 »

2004.05.01

内閣の年金未納率もちょうど4割

最近国会議員や国務大臣の国民年金未払いが問題になってますが、あんなの「俺たちは特権階級だから、まさか国民年金の掛け金なんて払う必要がないと思ってた」って素直に白状すればいいのになー、などと思ったり。まあ、とりあえず、年金払ってなかったことが明らかになった(なりつつある)のは内閣のちょうど4割ぐらいなので、(未納率の)全国平均とは釣り合うのかもしれません。

ところで、わたくしオーストラリアに留学していた1995年に、留学先の大学でちょっとしたアルバイトをしたことがあって、(多分)強制的に年金(日本の年金制度だと厚生年金とか共済年金に相当するっぽい)に加入させられ、40ドル分ぐらいの積み立てをしました(させられました、か?)。その後帰国してしまったので、その口座に積み立て金を維持しておく意味はないのですが、面白いので今でももっています。

で、これぐらいなら、どうやら日本にも似たようなことがあるらしいのですが(と外国籍だったわたくしの大学時代の恩師は言っていた)、驚くのは、その時の口座が10年経った今でもきちんと残っていて(当たり前か)、半年ごとに年金の運用実績報告書が日本の住所に送られてくることです。帰国してしばらくはオーストラリア経済が好調だったこともあって、40ドルぐらいだった積み立て金は、配当金が加算され、いつの間にか最高60ドル近くになっていたように記憶しています。もっとも、その後は不況もあるのか運用が低調になってしまったり、積み立て金が追加されない加入者からは別途口座管理手数料を徴収することになったりしたこともあって、今では積み立て額は30ドルちょっとにまで減ってしまいましたが。

それでも、1年しか働いていない加入者に対してもこれだけしっかりと報告をしてくれるオーストラリアの年金に比べると、日本の年金制度には加入者サービスという意識が希薄。国民年金だけじゃなくて、厚生年金とか共済年金も似たようなものかなあと思います(少なくとも、半年ごとの個人別ステートメントとか見たことない)。「年金制度に不安がない」ことを強調する提灯番組より、もっと効果的で、やらなきゃいけないことがあるんじゃないのか。

|

« 畑の疑問 | トップページ | 委任状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/522544

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣の年金未納率もちょうど4割:

« 畑の疑問 | トップページ | 委任状 »