« ベトナム旅行記(もどき) | トップページ | シェレメチェボ空港の無線LAN »

2004.09.04

海外ATM利用履歴

シティバンクに口座をもっていると、シティバンクのキャッシュカード(「シティカード」と呼ぶ)を使って、日本の口座にある預金を現地通貨で引き出すことができます……というのは分かっていても、実際は、初めて行く国の場合、どれぐらいATMが普及しているも分からないし、自分が行動する範囲に都合良くATMがあるかも分からないので、行く前にはいつもどきどきしてしまいます。「それなら、現金持ってきゃいいのに」と言われればそうなんですが、ビンボー性なのか普段から現金を持ち合わせることに慣れていないで、こういうことになってます(ちなみにシティバンクの交換レートは決してよくない。っていうか悪い)。

とは言え、わたくしと似たようなことを考えている人も少なくないと思うので、そういう方のために、これまで、わたくしが行って、実際にATMを利用した国での状況などをまとめてみました。これは、あくまでわたくしが行動した範囲内ですし、ATMを利用したというぐらいなので、すべて大都市か中規模都市や地方の中核都市での状況です。加えて、シティカードを使った場合のことなわけですが、シティバンクの場合、CirrusというATMネットワークを利用することになるらしいので、Cirrusを利用している他の銀行の海外キャッシュカードやクレジットカードのキャッシングでもある程度有効のはずです。いずれにしても、現地で現金が引き出せなかったときに困るのは自分自身なので、その辺は各自ご注意を。

■スイス(1998年7月): さすが金融業発祥の地というべきか。ATMを設置した銀行は街中に多数あり。手数料も取られなかった。

■タイ(2003年1月): バンコク市内なら全く問題なし。ATMを設置した銀行も数多くある。手数料も取られたことない。空港内にもATMがあるので出国税(500バーツ)の支払いのときにも慌てなくてすむ。

■チェコ(2003年9月): ここも、プラハ市内なら問題なし(他の街では引き出さなかったので失念)。意外に銀行やATMが多い。プラハの空港は、到着ゲートを出たすぐのところに利用可能なATMあり。手数料も不要。

■中国(2003年10月): 大都市や中規模都市ではATMの数以外は問題なし。ATMは銀行の他、ショッピングセンターやホテルなどあるところにはある。でも、予め場所が分かっていると安心。手数料も取られたことなし。

■アメリカ(2003年12月): ATMの数も豊富で、大抵の場合手数料(2ドル前後)を取られてしまうことを除けば、あまり問題ない。銀行に設置してあるATMでも銀行によっては手数料が必要。多分シティバンクの提携銀行みたいのがあってそこでなら手数料不要なんじゃないかと思うけど、よく知りません。ところで、ラスベガスは、土地柄ATMはそれこそ町中にありますが、これまたラスベガスという土地柄かシティカードが利用できるATMは制限されてました(2000年4月のこと)。その時は、空港のATMもホテルの近くの銀行のATMも全然使えず、しかも手持ち現金は1万円程度しかなく相当焦りました。

■シンガポール(2004年1月): 全く問題なし。ATMも豊富で、空港内にもある。手数料も取られたことない。ATM的にはアメリカよりも快適。

■インドネシア(2004年2月): 10年前に行ったときにはATMはほとんどなかったが、今では主要な都市の街角にはATMを設置した銀行がある。中規模都市だと場所が分からなくて困ることもあるかも。手数料も取られない。空港にもATMあり。

■オランダ(2004年4月): 全く問題なし。ATMも豊富。手数料も取られたことない。

■オーストラリア(2004年8月): 全く問題なし。街中を歩けばATMはいくらでもある。手数料も取られたことない。アメリカよりも快適。

■ベトナム(2004年9月): 大都市、中規模都市なら銀行やショッピングエリアでATMを探すのは難しくない。小さめの都市だとATMが見当たらなかったりするかもしれませんが、郵便局にATMがあったりもするようです(というかホイアンの郵便局にはどこかの銀行のATMがあった)。注意が必要なのは、Cirrusのネットワークに入っていない銀行(のATM)が結構あるということと、取引ごとに2万ドンの手数料が必要になること。ちなみに、ノイバイ空港1階にあるATMは現地銀行専用のものでシティカードは使えませんでした(試したけどだめだった)。シティ以外のCirrus等のネットワーク提携カードも同様と思います。空港内にもう一つATMらしき機械があったようにも見えましたが、そっちは詳しく見てませんので不明。

あと、行ったけど、ATMを使わなかった/見かけなかったところ。

■タヒチ(2000年5月): 離島に行くとほとんどATMはなかったんじゃないかと思いますが、パペーテの空港にはCirrusのロゴが付いたATMがありました。パペーテ市内なら結構あるのではないかと。

■ラオス(2002年9月): ビエンチャン市内にもATMはなかった気がします。期待しないほうがよさそう。

■モンゴル(2003年9月): ウランバートル市内では、ATMはほとんど(というかまったく?)見かけなかった。この時は、単独行動が少なかったこともあり、調査不足。

■スリランカ(2004年1月): コロンボ市内でもATMはほとんど見かけなかった記憶あり。そもそもこの時は珍しく現金両替をしたので、ATMを利用する機会がまったくなかった。他に同行者がいて単独行動が少なかったので、ここも調査不足。

それから、海外のことじゃありませんが、シティバンクのATMネットワークがPlusだったころ、一度日本の信販会社系のキャッシュ・ディスペンサーを試したことがあるのですが、「使えません」と言われました。日本にいる限り、信販系のCDが使えなくても全然デメリットありませんが、そんなものなのか。

とかって書いた後、もう一回いろいろサイトを探してみたら、↓のありました。

|

« ベトナム旅行記(もどき) | トップページ | シェレメチェボ空港の無線LAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/1356490

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ATM利用履歴:

» 強力な銀行振り込み [とつぜんトルコすとーりー]
今日は銀行へ連れて行ってもらいました。TEB(Türk Ekonomi Bankası:トルコ経済銀行?)の小さな支店です。日本と違って各種... [続きを読む]

受信: 2004.09.08 17:04

« ベトナム旅行記(もどき) | トップページ | シェレメチェボ空港の無線LAN »