« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.24

Amazon.com年間定額配送サービス

久し振りに本を探しにamazon.com(amazon.co.jpじゃなくて)をのぞいたら、Amazon Primeとかいう新サービスが紹介されてました。なんでも、"all-you-can-eat" express shippingとか。79ドルの会費を払うと、通常9ドル48セントのtwo-day shipping配送料が無料になる(9回使えば元がとれる)とか。よく読む前は、一瞬「え、買い放題のサービスか?」と思いましたが、そんな都合のいい話はないですね。

これは流通サービスが充実してる日本では成立しない付加価値サービスかなとも思ったり。だって、ほっといても日本のamazonなら翌日配送だし。むしろ、家人も昼間勤めに出ている我が家では、その週に届く荷物を保管しておいてくれて、週末にどさっとまとめて届けてくれるサービスとかあったほうが嬉しいかも。

ところで、amazon.comまで行って探そうとしていたのは、The Printed Bengali Characterという本だったのですが、その本そのものは見当たらず、似た書名のThe Printed Bengali Character and Its Revolution(増補改訂みたいなものか)の中古本だけがオーダー可能になっていました。でも、以前、やはりかなりマイナーな書籍を中古本で購入して、図書館の分類ラベルとか貸し出し欄とかそのままの状態のもの(つまり、図書館の廃棄処分モノ。あるいは、まさかと思うが盗難本)が届いて驚いたことがあったので、今回はやめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.12

ふざけてた>Keynote

以前、「ふざけるな>Keynote」というタイトルで書き込みをしたことがありますが、その後、Keynote2がiWorkというソフトウェア・スイートの一部として登場しました。それを店頭でいじってみた感想です。

Keynote2では、さすがにベースラインが揃わないという致命的な不具合は解消されていました(表組の中でベースラインがずれることもなくなった)。それだけでなく、表編集の際に、選択した行や列の幅だけを揃えることが(一応)できるようにもなっていました。動作も若干早くなった印象を受けます。もっとも、動作速度の感想は、普段PowerBook G4/1GHzで使っていて「遅い!」と感じているわたくしが、店頭のiBook G4/1.25GHzでの動作を見て「あ、1.25GHzでこの感じなら、1GHzでもちっとはマシになってるのでは?」と思ったというだけなので、あまりマジメにとらえない方がよいかもしれません。

ただし、本文の2段組みは相変わらずできない(前回同様文字ばかり使うなというお達しか)、全マスタースライドのフォントを一斉に変えられない、全マスタースライド共通の背景を作るのが面倒(インスペクタからは、カラー塗りつぶし、グラデーション、画像貼り込みしか選択できなかったと思う)というのは変わってません。つまり、オリジナリティのあふれるスライドを作ろうとすると、結構うざいことになります。各マスタースライドごとに書体や位置を調整したり、背景のロゴを付け足したりしないといけません。

トータルな評価は、というとちょっと微妙。すでに前バージョンのKeynoteを持っている人が、前バージョンの時点で当然あってしかるべきと思いたい機能のために8,000円も払わされるというのは、馬鹿にされた気持ちがしないでもないかもしれません(前バージョンと合わせると2万円ぐらい払うことになるわけなので)。前バージョンは買わなかった、という人には悪くないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »