« 最近の活動 | トップページ | パスワード初期化ツール »

2005.03.31

コジンジョーホーホゴ

最近、行く先々で「個人情報保護に関する同意書」なるものへの署名(と場合によっては捺印)を求められます。曰く、「わたくしは〜の目的で個人情報が使われることに同意します」、と。

でも、これって、利用者には選択の余地がないわけなので、利用者に同意書を書かせるよりも、事業者に誓約書を出させるほうが理にかなうのではないでしょうか。「当社では〜の目的以外にあなた様の個人情報を使わないことを誓います」って。あるいは、利用者と事業者連名による合意書にするとか。

いろいろと経緯があるのでしょうが、どうして利用者側の同意書になったのか、ふと疑問。

|

« 最近の活動 | トップページ | パスワード初期化ツール »

コメント

フリーソフトをダウンロードしたら、「2005年4月1日の「個人情報保護法」施行にあたり、法律施行以前に個人情報をご提供いただいたお客様へ、法律施行後もお客様にとって有益と考えられる情報等の継続のご確認をお
願いいたします。」というメールが届き、「ご返信がない場合は、お客様に承諾いただいたものとして、今後も継続して情報等を提供させていただきます」とディフォルトでは、「継続の意志あり」と見なされるような作りでした。
けれど、4月1日施行の法律で、3月31日に出すのは反則ですよね。ゆっくり考える余裕もないですよね。

投稿: ktaguma | 2005.04.01 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/3506735

この記事へのトラックバック一覧です: コジンジョーホーホゴ:

« 最近の活動 | トップページ | パスワード初期化ツール »