« Tungsten E2を買う | トップページ | Tesla on Tiger »

2005.09.12

センキョ

知り合い、というか職場の同僚がITmediaで「情報政策ブログ」なるものを始めたようなので、トラックバックがてら反応してみることに。

前々回の総選挙の前ぐらいだったと思うけど、電車に乗っていたときのこと。わたくしとそれほど変わらない年齢、あるいはもう少し若い感じの勤め人風の2人連れが選挙について話してました。曰く「おれ、投票って一度も行ったことないよ」。個人的には投票に行くか行かないかは、最終的には個人の選択のことなので、そういう人がいるのはまあ仕方ないし、どこぞの国のように投票を義務化すべきとも思いません。でも、「投票に行かない」とか、ましてや「行ったことがない」というのは、少なくと社会人としては恥ずかしいことなので、少なくとも公衆の面前で口にしてほしくないなあ……と常々考えていたのだが、職場にもそういう人がいたらしく、かなりショック。

投票をしない理由に「票を入れたい候補者がいない」とかっていうのが言われることがあるけど、そりゃそうだ。そんな自分の都合にあわせた主張をしてくれる候補者なんているはずないんだし。企業の株主総会は近年盛り上がってるらしいけど、言わば選挙は社会の「株主総会」なんだから。

|

« Tungsten E2を買う | トップページ | Tesla on Tiger »

コメント

kk先輩、情報政策ブログへのトラックバックありがとうございました。なるほど、確かに「選挙は社会の株主総会」と言えそうですね。
ところで、今回の選挙は、「小選挙区になって政策論争が前面に出た初めての選挙」「アメリカ型の二大政党制に近づいてきた」というのがマスコミ評ですが、本当かなあ。得票では自民・民主・公明・共産・社民と続き、結果として、二大政党というよりも、自民・社会・公明・民社・共産が連立していた「1955年体制」と呼ばれていた時代に似ていますね。

投稿: suna | 2005.09.17 14:06

sunaさん、ようこそ。「2大政党制」と聞いても、わたくしはまだぴんとこないのですが、それはsunaさんの言うように、「結局55年体制に逆戻り」に見えかねない現実に加えて、自民と民主の対立軸がイマイチ分からないというところにもあるのかもしれないなと思い始めました(って、前からみんな知ってるか)。アメリカのいわゆる「2大政党制」だと、共和党は社会変化に対して保守的で市場競争の結果の社会格差を是認しがちなのに対して、民主党は新しい価値観を社会制度に反映させようという傾向をもちつつ、社会格差の縮小に努めるという役割分担みたいなものが確立しているわけですが、日本の自民と民主は個別の政策でこそ違うのかもしれませんが、グランドデザインという点でどうなのかしらと思うわけです。勢い、公明を外した、自民・民主大連立もありうる、なんて揶揄されたりするわけですし。

自民との大連立をした結果、存在意義を疑われ、自壊していった社会党の例があるので、民主つぶしには大連立もありだったりして。

投稿: kk | 2005.09.21 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/5904237

この記事へのトラックバック一覧です: センキョ:

» センキョ [ktaguの徒然日記(sideA)]
「知り合い、というか職場の同僚がITmediaで「情報政策ブログ」なるものを始めたようなので、トラックバックがてら反応してみることに」にトラックバックがてら反応しててみることに。 「投票をしない理由に「票を入れたい候補者がいない」」とか言って投票に行かないのは信じられない。自慢じゃないが、投票を棄権したことは、成人になってから一度もない。別にセンキョが好きだ、とか政やまつりごとが好きだから、という訳ではないが、「なんか逃げたくはない」からセンキョにいっている。そこで、「票を入れたい候補者がいない... [続きを読む]

受信: 2005.09.22 13:02

« Tungsten E2を買う | トップページ | Tesla on Tiger »