« マルタの公衆電話 | トップページ | 向き、不向き »

2006.01.08

QwestのADSL利用規約

とあるメーリングリストに、アメリカの旧ベル系電話会社の一つQwestが最近、ADSLの顧客に対して新しい利用規約を示したという話が流れてきました。その中には、企業ユーザであっても、その帯域を無線LANで分配してはいけないとか、固定IPアドレスを割り当てられていてもサーバをやってはいけないとか書いてある由。まあ、こういう制約事項は以前から問題になっているし、日本でもケーブル系の事業者を中心に設定されていることがあるのであまり驚かないのですが、なんと、この制約事項はドライ・カッパーを使っている利用者に対しても適用されるのだそうです。日本に例えるなら、Yahoo!BBで自宅サーバを運営していたら(この行為自体がYahoo!BBの利用規約に反するかどうかは別として)、NTT東日本(や西日本)に「やめてください」と言われたというような状況に近いかも。

帯域を無線LANで分配されたり、自宅サーバを運営されたりして困るのはネットワーク事業者(つまりYahoo!BB)であって、(物理的な)電話回線の所有者(つまりNTT東西)ではないから、「ちょっと筋が違うんじゃないの?」というのが元ネタの趣旨だと思います。

ついでに、利用者のコンピュータがスパムを送信した場合には一通につき5ドルの賠償責任を負うとまで決められているとか。しかも、利用者のコンピュータがワームやスパイ・ウェアに乗っ取られてしたとしても、その責任を負うのだとか。これってどうなんだろう。

|

« マルタの公衆電話 | トップページ | 向き、不向き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/8065210

この記事へのトラックバック一覧です: QwestのADSL利用規約:

« マルタの公衆電話 | トップページ | 向き、不向き »