« 21世紀にもなってまで買うとは思わなかったモノたち | トップページ | 日本対ブラジル »

2006.06.01

民間委託の余波

昼食に西麻布の「三河屋」というトンカツ屋さんに行きました。ここはいつ行っても混んでいるのですが、今日は12時ちょうどぐらいだったと言うのに、店の奥に二つある4人掛けのテーブルに1人しか先客がいなかったのです(この店を知ってる人なら、昼時に行ってすぐ座れるというのがどれ程嬉しいことか想像つくでしょう)。

おかげで、わたくしたちは店についてすぐ座れたわけですが、一体どうしたことだろうと思って聞いてみると、今日から導入された駐車監視員制度を警戒して、今まで車で来ていたお客さんが来てないんじゃないかとの店主の弁。なんだか民間委託にはこんな余波もあったのかと思うわけですが、ってことは、全国の「国道沿いのラーメン屋」みたいな店は軒並み打撃を受けてるってことなのかもしれません。

|

« 21世紀にもなってまで買うとは思わなかったモノたち | トップページ | 日本対ブラジル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/10347109

この記事へのトラックバック一覧です: 民間委託の余波:

« 21世紀にもなってまで買うとは思わなかったモノたち | トップページ | 日本対ブラジル »