« 香港の公衆電話 | トップページ | 親指シフト、世界を行く »

2010.09.01

(親指シフト)キーボードコレクション:新作FKB7628-801

20100901_083318

新作入荷です。富士通コンポーネントのFKB7628-801、通称Thumb Touchです。薄型軽量をコンセプトに、KB232の配列を継承し、以前のコンパクト型FKB8579-661のキー配列で問題だったDeleteキーを独立させた云々という触れ込みです。

でも、キーボードは身体感覚と直結してますから、いくら「よくなった」と言われても、あたらしいキーボードに慣れるまでには時間がかかるというのと、個人的には英文入力とコード入力にも便利なほうがありがたいというのとで、FKB8579-661はかなりよくできた、というか、わたくしにとって相性のよいキーボードだったんだなあということを痛感しました。まあ、相性とかいう以前に、10年近く使ってりゃ当然かもしれません。

|

« 香港の公衆電話 | トップページ | 親指シフト、世界を行く »

コメント

こんにちは
新作FKB7628-801 を発売時に 富士通アクセスの店頭にて購入致しました。まだ実は使っておりません。
その後の、使い心地はいかがですか?

FKB8579-661を使用しております。ずっとウィンドウズで、平成元年 オアシス時代より親指シフトなのですが、macでの使い勝手は良いですか?
※ついった @seabedman8823 です
o(^ ^)okaue

投稿: 岡上健一 | 2011.06.10 17:39

@seabedman8823さま、

実は、わたくしもFKB7628-801は発売と同時に購入したものの、試し打ち程度にしか使っておりません。ので、実は使い勝手については何か言える立場にありません。

Macで使う場合には、ドライバとかエミュレーターとか色々あるのですが、純正親指シフトキーボードを使うより、エミュレーターを使った方が使いよいというのが個人的な(あくまで個人的な)感想です。頭の中がキーボード毎に切り替えられているようで、同一のキーボードでもMacとWindowsで動作が違うというのに馴染めないというのが理由としては結構大きかったりします。

ところで、記憶をたどってみると、わたくしも平成元年から、もしかすると昭和63年から親指シフターであったことにきづきました。。。

投稿: kk | 2011.06.14 23:02

ご丁寧にご回答を頂きありがとうございました。s(^ ^)8823

投稿: 岡上健一 | 2011.08.01 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/49312572

この記事へのトラックバック一覧です: (親指シフト)キーボードコレクション:新作FKB7628-801:

« 香港の公衆電話 | トップページ | 親指シフト、世界を行く »