« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.09.25

ロシアの公衆電話

P1010158 P1010220

P1010222 P1010223



ロシアの公衆電話。あまり使っている人は見ませんでしたが、町のあちこちにありました。一番よく見かけたのは左上の写真にある赤いタイプ。ペテルブルグのネフスキー通りには至るところにありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リトアニアの公衆電話

201009141523000先日、インターネット・ガバナンス・フォーラム(IGF)なる国際会議の参加のため、リトアニアの首都ビリニュスまで行って参りました。見つけた公衆電話はカード専用で、ちんまりとかわいい青いボディーでしたが、町中にどこでもあるという感じではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.23

親指シフト、世界を行く

201009130827000_2短期の出張なら、MacBookにしても、Eee PC 900Xにしても、親指シフト入力はエミュレーションで済ますところですが、1週間を超えて、しかもその間に色々と書き仕事が予想される場合(ややこしい用件のメールなども含む)には、よく外付けキーボードを持っていきます。そうしたほうが作業がはかどるので。

ということで、今回持ち出したのはFKB8579-661EV。コンパクトタイプの親指シフトキーボードでした。写真に写っているのは、リトアニアの首都ビリニュスのゲデミニ通り。リトアニアに行く日本人(加えて親指シフト利用者)はあまり多くないと思いますので、もしかすると親指シフトキーボードがリトアニアに入国したのは史上初めてだったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.01

(親指シフト)キーボードコレクション:新作FKB7628-801

20100901_083318

新作入荷です。富士通コンポーネントのFKB7628-801、通称Thumb Touchです。薄型軽量をコンセプトに、KB232の配列を継承し、以前のコンパクト型FKB8579-661のキー配列で問題だったDeleteキーを独立させた云々という触れ込みです。

でも、キーボードは身体感覚と直結してますから、いくら「よくなった」と言われても、あたらしいキーボードに慣れるまでには時間がかかるというのと、個人的には英文入力とコード入力にも便利なほうがありがたいというのとで、FKB8579-661はかなりよくできた、というか、わたくしにとって相性のよいキーボードだったんだなあということを痛感しました。まあ、相性とかいう以前に、10年近く使ってりゃ当然かもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »