« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.19

ありそうでなかなか見つからなかったので自分で書いてみた自炊用スクリプト

スキャナーで取り込んだ書籍、雑誌の画像を、マージンを切り取って左右ページに分割するためのスクリプト、というのが、ありそうでなかなか見当たらなかったので自分で書いてみました。スキャナ画像の縦横サイズと、切り出したい部分の右端の位置と折り目の位置を指定すると左右方向のマージンは計算してくれます。上下方向は単純に固定値で指定します。Cygwin + ImageMagickで作ってるとか、スキャン画像のファイル名はpageで始まるTIFF画像とか、こちらの超ローカルな都合に合わせて作ってありますが、似たようなことを考えている方の参考になるのではないかと。

W=8600; H=6082
C=4400
R=8000
mR=$[W-R] ; mL=$[R-(R-C)*2]
mT=120; mB=754

Body_W=$[W-mL-mR]
Body_W2=$[(W-mL-mR)/2]
Body_H=$[H-mT-mB]
R=270

for i in `ls page*`; do
convert -rotate $R -compress Group4 -crop ${Body_W}x${Body_H}+$mL+$mT $i - | convert +repage +adjoin -crop ${Body_W2}x${Body_H} - x.$i
done

個々のページのテキストの位置を判定してマージンを調整してくれるとなおグッドですが、そこまでの知識を持ち合わせていないので位置のずれのない/少ないスキャン画像を撮ることが前提です。図書館の複写サービスだと極めて正確なコピーを撮ってくれることに気づいたので、その画像をスキャンするときに重宝してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »