« 2012年夏、ウクライナ紀行(その6):ヤルタ2日目(8月19日) | トップページ | ドコデモFMの障害を機に考える(長文) »

2012.08.23

2012年夏、番外編:モスクワ(8月20日)

早くも2泊でヤルタを後にし、モスクワ経由で日本へ。再び80kmの道のりをぶっ飛ばし、シンフェロポリへ向かいます。帰りは乗り継ぎに時刻表上6時間あったので、モスクワ市内をピンポンダッシュさながらの超特急観光(そのつもりでトランジットビザも取っておいた)。何とか、赤の広場とワシーリー寺院だけ観て、足早に空港へ戻りました。初モスクワはあまりに慌ただしかった。

レーニン廟

P1030128

工事資材が積まれているのは、貼ってあったポスターから判断するに9月1日からの国際軍楽隊フェスティバルとやらの準備のための模様。レーニン廟の改修工事とか撤去工事ではありません。

ワシーリー寺院(ほとんどアリバイ程度にしか観ていない)

P1030134_2

始めてアエロフロートに乗ったときは、モスクワから関空(まだ関空便があった頃)到着が遅れて、しかも荷物が出てこなくて、ロストとか別送の手続きをしてたら、羽田便に乗り遅れそうになったり、後日自宅に届いたスーツケースが破損してたり、と色々ありましたが、今回はそういうトラブルも一切なし。シェレメチエボ空港といい、アエロフロートといい、最近のロシアの発展ぶりを見るようです。

帰国後、書棚にジョン・スタインベックがロバート・キャパと一緒に当時のソ連を訪問した時の旅行記『A Russian Journal』があるのを思い出し、ウクライナのところを再読。スタインベックとキャパに親交があったことを知るのも面白いし、ウィットの聞いたスタインベックの文章を通じて、茶目っ気たっぷりのキャパの性格が伝わってきたりするのも楽しい。キャパのポートレートもよいです。

ウクライナの農村で、夫を2度亡くしたという婦人に向かってキャパが「じゃあ、次はぼくと結婚しますか?」と聞いていますが、その後の彼の運命を思うと切なくなります。もっとも、その婦人は「神様が人をお造りになる前にキュウリにでも相談なさっときゃ、世の中の女がこんな不幸な目には遭わなかっただろうにね」と軽口で答えてます。いや、ホント、そうだったかもしれません。

|

« 2012年夏、ウクライナ紀行(その6):ヤルタ2日目(8月19日) | トップページ | ドコデモFMの障害を機に考える(長文) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3920/55489374

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年夏、番外編:モスクワ(8月20日):

« 2012年夏、ウクライナ紀行(その6):ヤルタ2日目(8月19日) | トップページ | ドコデモFMの障害を機に考える(長文) »