2009.02.01

'cordially'って確かに「真心を込めて」なんだけど

近ごろ、高校生プロゴルファー君が何でも由緒あるゴルフトーナメントに招待されたとかで、ニュースになってます。わたくし、ゴルフは知らないので、フツーならそのままスルーするところですが、そのゴルファー君が記者会見か何かで紹介していた招待状の言葉に引っかかりました。

どうやら、招待状には'cordially invite(s) you'と書いてあったようですが、それを彼は「「真心を込めて招待する」と書いてあった」と説明していたわけです。もちろん、辞書には'cordially'の訳語として「真心を込めて」とか「誠意をもって」とか載っていたのでしょう。ここまでは問題ありません。

さて、問題は、これを日本語に直すとして、しかも招待状の日本語として訳すとして、どういう表現にするか。「招待する」を形容する言葉として「真心を込めて」ってのはいただけません。日本語学習者がそういう作文書いてきたら多分直されます。わたくしなら直します。もともと、招待状なんてのは紋切り型の言葉遣いをするものなんですから、訳としては、言語の意味に振り回されずに「謹んでご招待いたします」とかそういうのが適切だと思うわけです。

件のゴルファー君は、まだ高校生だし、こういう時の訳語についてあまりとやかく言うべきではないんですが、これをきっかけに「真心を込めて招待します」なんて日本語が流行りだすなんてことになったらちょっと嫌かもしれません。年末に流行語大賞なんかになってたらもっと嫌かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.22

その後のiPod touch

音楽プレーヤーとして動作する時間よりも、PDAとして動作することが遥かに多い、わたくしのiPod touchですが、今度単体で(というのはMacBookなしに)旅行に持って出ようと思い、充電アダプタのことを調べていたら、Appleのページでこんな記述を見つけました。曰く、

充電には高電力型の USB ポート (コンピュータに装備された USB ポートなど)、または、iPod touch 付属の AC アダプタをお使いください (別売)。

「付属」のACアダプタが「別売」って一体どういうことよ、と思って、対応する英語のページを見てみると、

Use a high-power USB port such as the one on your computer, or use your iPod touch AC adapter (sold separately).

とありました。日本語で表現するなら「iPod touch用ACアダプタ(別売)」をお使いください、ぐらいかなと思ったりしますが、ここは多分、その前の「your」を気を利かせて訳したときに、うっかり「付属」のという訳語を当ててしまったのでしょう。

あ、こんなことしてる場合じゃなくて、別売ACアダプタのこと調べとかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.02

迷訳・誤訳: an affair

これは、誤訳というのか分かりませんが、読んでて吹き出してしまったところ。

「その研究に関係していたとき、かれは『人民日報オンライン』のデータから、経済発展に関するデータによくアクセスした。」

He often accessed the data about economic development from the data in the People's Daily Online when he had an affair with the research project.

'when he had an affair'って、ま、確かに「関係していたころ」なんだけど、これって異性関係とかに使うことが多いんじゃないかと思ったり。そうでない文脈にも使えるのかもしれませんが、わたくしなら、こういう表現は避けます。

ところで、『人民日報オンライン』って、中国語、英語、日本語、フランス語、スペイン語、ロシア語、アラビア語で情報を提供しているのですね。日本語以外はよく考えたら国連の公用語だったりするわけですが、これってもしかすると世界でもっともマルチリンガルなニュース・サイトかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.30

迷訳・誤訳: in use

ぼちぼち再開している迷訳・誤訳シリーズですが、今回は'in use'。コンピューターを使っているのは誰かという話をしているところを想像して、次の英文を見てみてください。例によって、事実に基づいた作例です。

*The people that are not in use do not use them (=computers), but they cannot use them.

問題は、'the people that are not in use'が「(コンピューターを)使っていない人」の訳になるのかということです。ここでも、日本語の関係節に見事にだまされちゃってる感じがします。

  • コンピューターを使用中の山田さん
  • 山田さんが使用中のコンピューター

あるいは、

  • コンピューターを使っている山田さん
  • 山田さんが使っているコンピューター

を考えてみましょう。表面的には、「使用中の〜」や「使っている〜」と同じ表現に見えますが、格関係が違うので英語にするときには訳し分けないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.23

迷訳・誤訳: とくに(続き)

この二つ前のポストで紹介した

* The authors did not conduct questionnaires above all about the users because we they thought of as directly tenuous with this case.

この英文。実は「とくに」のほかにもう一つおかしなところがあります。どこかというと、'because we thought of as directly tenuous with this case'という下りです。「利用者については、本件とは関連が薄いと判断し(たため)」に該当する部分で、'think of ... as ...'というフレーズを使っているわけですが、後半の'...'は埋まっているけど、前半の'...'が埋まってない。なんで?

The authors did not conduct questionnaires about the users, which we they thought of as ....

と間違えたのかもしれません。

【追記】

例文中の'we'は'they'であるべきでした。迷訳・誤訳シリーズでは、実際に生成された誤用例から、誤用のポイントだけを抜き出して作例しています(オリジナルの誤用例をここに引くのはよろしくないもので)。そんなわけで、たまーにこういうことが起こります。

それと、久し振りに復活したので、この際に注記しときますが、このシリーズの例文は、翻訳を生業にしている(とおっしゃる)方がお金を取って翻訳(日本語→英語)した訳文に基づいています。あしからず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

迷訳・誤訳: 'community'じゃないってば

語彙レベルのことにはあまりとやかく言う気はない、とかって前に宣言したことがあったのだけど、別の意味でびっくりした訳語を発見したのでご紹介。

'community area'って見たら何のことだと思うでしょうか。世の中にはcommunity area networkを推進するCANフォーラムというのがあるし、「お隣り近所」とか「町内会」の話をしてるんだったら、英語としてはムリがないんじゃないかと思います。

でも。

この原語は「共産圏」だったのです。わたくしが学生の頃はソ連などと共産主義諸国がまだあった時代(といっても、学生のうちにソ連は分解した)だったので、いくらその思想に反対する人であっても、「共産圏」を'community area'を訳しちゃう人はいなかったんじゃないかと思いますが、今となっては、もはやベースラインの知識でもなくなっちゃったんでしょうか。まあ、相手が悪かったという説はぬぐえないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.22

迷訳・誤訳: とくに

「とくに」をどのように訳すかというのもけっこう曲者です。誰の解説を読んだか忘れてしまったし、そもそも、この記憶が正しいかどうかも確信がないのですが、「とくに」を'especially'と訳すのはよろしくない、とかって主張した文章を読んだことがありました(マーク・ピーターセンだった気がします)。

「筆者らは、利用者については、本件とは関連が薄いと判断し、とくにアンケートを行なわなかった」

という原文に対応するものと思って、次の訳文を読んでみてください。

* The authors did not conduct questionnaires above all about the users because we thought of as directly tenuous with this case.

ヘンなところは2つありますが、根本的な原因は、日本語の「とくに~ない」というのは、言い換えれば「わざわざ~ない」とか「大して~ない」(とくに美しくはなかった)ということになるので、「とくに」訳す必要がない場合がある(この場合なんかそういう感じ)のに、ムリに訳してしまっていることにあります。

が、よせばいいのに、'above all'なんかを使って訳そうとして、ムリが二つ(あ、三つかも)出てしまっています。

'above all'というのは、そもそも単独で使うものではなくて、前後の文脈の中で、他のことと対比して上で、中でもとりわけ何かが大事だ、ということを示すためのものです。じゃあ、ここでは何と対比してるのかなーと思っても、対比の対象がありません。ムリその1。

それから、否定表現の中に'above all'が突っ込まれているのもキモチ悪い。もしかすると、「わざわざ~ない」に対応するものとして、'not ... above all ...'というのを選択したのでしょうか。こういう英文もあるのかもしれませんが、典型的な例文が思い当たりません。

あれ?もしかして'at all'と間違えたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷訳・誤訳: 全体を管理する

久し振りに、このコーナー。もう見る必要もないのですが、改めて以前訳者さんに頼んだ英文を眺めてて面白いものをみつけたので、シリーズを復活してみます。

ある組織の内部構造についての文書があって、その組織の中に「全体を総務的に管理する部門」があるという表現があったと思ってください。今回引っかかったのは、この「全体」でした。訳出個所を見てみましょう。

*the department to manage the entirety executively

ん~、なんで「全体を」が'the entirety'になるかな。確かに、「部分性と全体性」みたいな話をしていれば、そう訳すこともあるとは思うけど、そんな賢い文章じゃないですし。この場合は「組織の全体を」という意味なんだから、「組織を全体的に管理する」とかってやればよいのではないかと思う次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.30

迷訳・誤訳: 泣き別れとたすきがけ

「言語学習ストラテジーの大半は、実際の言語使用というよりも、人間の知識と情報処理という抽象的な側面に関わるものと考えられている」という日本語があったとして、その訳だと思って次の文を読んでください(くどいようですが、翻訳を商売にしてる人が出してきた英文です)。

*The majority of language learning strategies are rather taking part in the abstract sphere related to human knowledge and thought as information processing than taking part in actual language use.

原文も決して明晰とは言えない書きっぷりなのですが、ここでは、人間の「知識と情報処理」でひと括りとすべきところ、「知識」と「情報処理」が泣き別れてしまっています。形容詞や前置詞句や関係節がどこまでかかっているかを判断するのは結構難しい場合があるので、それだけなら別段気にしません。

それから、'take part in...'は、「ぼくは地域のボランティア活動に関わっている」という文なら「関わる」として使えないわけじゃないでしょうから、「~に関わる」の訳にあてちゃったのも、百歩譲って見逃すとしましょう。でも、'rather ... than'の間に挟まれた'thought as information processing'の立場は?!

これ、カッコで表現すると、

  ( a , b, { c, d ), e, f }

という状態です。あるいは、疑似プログラミング言語的に書けば、

  FOR
    a
    b
    WHILE
      c
      d
    NEXT
    e
    f
  END WHILE

って感じになっちゃってるってことです。たすきがけというか、なんというか。

さて、件の英訳、逆向きに訳すと、「言語学習ストラテジーの大半は、人間の知識に関する抽象的な側面に参加しており、情報処理として考えられるものであって、言語使用に直接参加するものではない」ってところでしょうか。ホントは、スコープ誤りがあるから訳しようがないけどね。

例えば、

The majority of language learning strategies are thought to relate to human knowledge and information processing, rather than actual language use.

とかでどうでしょう。もっとも'relate to ...'は人間関係を表すために使われることが多いみたいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.29

迷訳・誤訳: including、再び

アジアにおける民主主義の問題点に論じた文章の一部だと思って(台湾の総統選挙もあったことだし)、↓を読んでみてください。

*Although there is the attempt of demonstrating the potential under the Asian conditions, it is not sufficiently clarified in including the developing countries.

「アジアの条件の下で、(民主主義の)可能性を示そうという試みもあるが、途上国も含め、まだ十分に明らかにされていない」と読めるでしょうか(これも誤用の様子を味わってもらうために、実際の翻訳者の訳文を改変したものです)。

ここにも、変なincludingがあるのです。in including developing countriesは「途上国を含め」でしょうか。inの後にいきなりincludingが来ているのは、文法がどうこういう以前にキモチ悪くないのかな。「投票を棄権することを含め」というようなのを、*including to withdraw the voteとか、「活動家が抗議デモを行なうことを含め(予め対策を検討する)」というようなのを、*including that the activists make a protest demonstrationなんて訳してあったのも見た気がします。思い出したくないけど。

ところで、冒頭の文、includingだけじゃなくて指示関係もちょっとヘン。英語は日本語と語順が逆とかってよく言いますが、それは構文的な話。たまに例外的な修辞で使うぐらいはいいとして、意味的にはやっぱり前から後ろへと順番に読んでいって自然に理解できるように訳すほうが無難ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)